キレイな指輪

婚約指輪の相場

指輪交換

婚約指輪の相場は給料の3ヶ月分と言われていましたが、それは一昔前の尺度です。今は、色々な価値観があり、ダイヤの大きさだけでなく、デザイン、ブランドなど、そのカップル毎の拘りで、婚約指輪を選ぶことが増えてきました。

Read More..

レンタルも販売もある

窓際の白いブーケ

結婚式に着用するカラードレスをインターネットのショップで手に入れる人が増えています。ネットショップは価格の安さが魅力ですが、試着せずに注文する場合が多いのでサイズをきちんと確認して注文しなければいけません。

Read More..

リゾート婚が流行り

貝と指輪

インターネットショップでウェディングドレスを購入する人が増えています。上手に利用すればとてもリーズナブルで便利と言えます。試着が出来ない場合が多いので、デザイン選びを工夫することで失敗なく購入できるでしょう。

Read More..

歴史あるドレス

白い花と結婚指輪

ウェディングドレスの価格

ウェディングドレスについては、レンタルをするという方法と、購入する方法もあります。最近では、ファーストレンタルという方法で最初は自分のサイズに合わせて作り、その後式場に返還する方法もあります。レンタルでは、価格は5万円から50万円以上と多様化しています。 購入では、ウェディングドレスのフルオーダーメイドですと30万円以上かかりますが、セミオーダーで15万円程度、通販で購入できるお値打ちなものでしたら、10万円未満のものもあります。このように、ウェディングドレスの価格は多様化しています。 二次会でも着用することを考えて、安価なウェデイングドレスを購入する人もいるなどその目的もさまざまですので、レンタルや購入、どちらを選ぶ人もいます。

ウェディングドレスの歴史は古く、古代ローマの時代からあったとされています。中世ヨーロッパまではカラーの派手なドレスであり、花嫁の財力を示すものでしたが、17世紀ごろから白いウェディングドレスが着用され、イギリスのヴィクトリア女王の影響により、現在のようなドレスが広まっていきました。 日本では、長らく和装が着用されていましたが、戦後、急速にウェディング市場の西洋化が進んだことで教会でチャペル式を挙げる新郎新婦やホテルで披露宴をする新郎新婦が増えてきました。ですので、ウェディングドレスについても、急速に広まり現在では結婚式か披露宴のどちらか、ないしは両方で着用する新婦が多くあり、結婚式に必要不可欠なアイテムとなっています。

Menu

注目の記事

このエントリーをはてなブックマークに追加